2015年度 支部総会 本部報告

栃木支部

日 時  2016年2月6日(土) 12:00~14:00

場 所  東武宇都宮百貨店スパイスホール

出 席  12名

.

 新幹線で東京に、そこから東北新幹線で宇都宮に移動し、11時半ごろに開場に着いた。

 栃木支部役員のご主人であり、校友会会員でもある四条町教会の平山正道牧師の聖書朗読・祈祷で支部総会が始まった。
 落合支部長の挨拶の中で、三年前に設立し、本日は二回目の総会開催であること、その間は校友会主催のセミナーや講演会に参加されていたこと、平山さんが県外に転出されるため役員改選してお二人での運営になることを伺ったので、支部の運営は5人でしていただきたいとお願いした。お二人が新たに役員を引き受けてくださり、落合支部長も加わって5人で新年度をスタートしていただくことになった。
 2年ごとに役員改選をすることとし、一回は校友会と一緒に、二回目は6月の第一土曜日と決め同窓会だけの総会を持つということに決まった。支部会則を確認してくださるようにお願いし、組織として支部を運営するのなら、少しでも会費を集め、支部会員は「一人が一人を」お誘いし楽しい支部として発展されるようにとお願いした。

 懇親会に入り、一人一人の自己紹介、寮の話、ご自分のお仕事の話などそれぞれが楽しくお話しされた。最後に皆でカレッジソングを歌って、4時過ぎに皆さんとお別れして帰途に着いた。

 82年、83年卒の方々が中心で、皆お互いにどこかで会ったことがあると和気あいあいと仲良く同志社女子部卒業生として心開き、楽しい交わりの時を過ごした。

(会長 玉村三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

佐賀支部

日 時  2016年1月31日(日) 11:30~

場 所  さがレトロ館

出 席  10名

.

 京都駅6:56分ののぞみ95号(博多行)に乗り、博多駅で下車し、9:55初のかもめ13号(長崎行)に乗り換え、佐賀駅に11時前に着きました。
 佐賀レトロ館は佐賀城の向かいにあるレストランで、佐賀支部の総会は毎年は毎年ここでされます。5年前に前評議員である東さんのご努力によって佐賀支部が設立され、東さんは現在も顧問として毎年参加されています。

 総会は黒田支部長の挨拶で始まり、同窓会会長、女子大学北村広報課長からそれぞれ同窓会の近況、女子大学の近況を報告したのち、佐賀市部顧問東佐久良さんの挨拶があって、みんなで讃美歌312番を歌い、東さんがテモテの信徒への手紙1章12節から17節まで拝読され、引き続き祈祷されました。
 2015年度活動報告が白水さんよりあり、2015年度会計報告が中村さんよりなされました。全て承認され、同志社同窓会佐賀支部規約を黒田支部長が読み上げて確認されました。
 次回開催は2017年1月29日と決まりました。東顧問から、一人が一人をお誘いしましょうとお勧めくださいました。

 会食は食前の祈りを東さん、乾杯を同窓会会長がいたしました。皆で美味しい食事をいただきながらお話しし、一人一人のご紹介があってそれぞれの生活をお話しくださり、あっという間に時間が過ぎました。3時52分の帰りの電車に間に合うように、皆さんに見送られて帰途に着きました。

 佐賀支部は皆さん仲が良くしっかりまとまっておられますが、新しい方をお誘いし発展させていくようにとお願いしてきました。

(会長 玉村三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

高知支部

日 時  2016年12月13日(日)

場 所  高知会館

出 席  17名

.

 当日は快晴の小春日和であった。

報告 2015年12月8日から同志社ギャラリーにて始まった「ハワイに高知城を建てた男 奥村多喜衛」
    開会に出席された中川支部長、大野前支部長よりスライドにより紹介と報告があった。

懇談 出席者全員自己紹介 80歳の市川さんから2007年卒の方までおられた。
    食事の終わりに女子大から北村広報課長、同窓会から阿部の挨拶があった。

 参加者同士の自由懇談時間があり、学生時代の寮生活、学生生活が年代により大きく違うのが興味深く、話が盛り上がった。

 中川支部長は同志社ギャラリー展示で大活躍され、高知と京都、またハワイに飛び回っておられる。

和やかで楽しい総会・懇親会であった。

(副会長  阿部 登茂子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

長野支部

日 時 2015年12月6日(日) 11:00~14:30

場 所 ホテル ブエナビスタ

出 席 14名

 11時より同志社同窓会長野支部10周年記念礼拝が持たれた。前奏、讃美歌312番を一同で讃美し、コリントの信徒への手紙13章を拝読され、祈祷で一部礼拝は終わった。

 第二部総会は支部長の挨拶で始まり、議長が決められ議事が協議された。
 協議事項として、決算報告と予算が承認されたのち、新役員の選出がされ承認された。

 長野支部は三年に一回総会を持っておられる。私からは「一人が一人を連れてきましょう」を一言言わせていただいた。
 集合写真を撮って会場を移し、11時30分より校友会長野支部と一緒に大谷総長による「同志社の今」と題しての講演、同志社大学、女子大学の近況報告があった。その後また場所を変えて、懇親会が始まった。

 校友会からのお祝いのお言葉があり、みんな和気あいあいとお話しながらのお食事となった。同じテーブルの人とはお話しできたが、違うテーブルの同窓生とはお話しすることができなかったのが残念だった。歩き回ればよかったと反省した。
 懇親会のあと少し時間があったので、何人かの同窓生とお茶をして少しお話しできたことは良かった。1946年に女学校を卒業された方が大先輩の中で、2006年卒の若い方の参加は嬉しいことだった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

滋賀支部

日 時 2015年11月14日(土)

場 所 クサツエストピアホテル

 滋賀支部は湖南地区、湖北地区、湖西地区、湖東地区の4つに分けられていて、それぞれの地区でのお働きはそれぞれがなさっておられ、二年に一回当番地区が決まり総会がもたれる。支部長は滋賀支部の中から選出され、漢字は各地区より一名ずつ選出される。当番地区の幹事が代表幹事となり、会計も当番地区より一名選出される。今回の雌う総会は湖南地区のご担当だった。
 昨年が滋賀支部発足30年で、昨年は総会年でなかったため、今年発足30年のお祝い総会となった。同志社マーク入りの八ッ橋をお祝いとされた。

 会場のクサツエストピアホテルは草津駅からすぐの所で交通の便もよく、素敵なホテルだった。吉田支部長さんの教え子さんのところだそうで、随分いろんな面でお世話になったということだった。
 11時より第一部総会が湖南地区の幹事長國枝さんの司会で始まり、讃美歌312番を讃美し、湖南地区の北脇さんによって聖書朗読、祈祷がなされた。続いて吉田支部長の挨拶、同窓会会長の祝辞、女子大広報課長の女子大近況報告、女子中高校長の挨拶代読、永眠会員を偲んでの黙祷、二年間の会計報告、記念撮影で総会は終了した。
 その後女子大音楽部卒業で滋賀在住で活躍なさっているマリンバ奏者の竹内唯さん、フルート奏者の河村愛吏さんの「マリンバとフルートデュオ」の演奏を聴かせていただき、美しいハーモニーに心安らぐひと時を過ごした。
 第二部は湖南地区の山本さんの司会で、食前の感謝祈祷は湖南地区の和田さん、湖南地区の町田さんのご発声で乾杯してお食事が始まった。同じテーブルの80歳以上の大先輩の方々にお話を伺い、昔の学校の様子などをお聞きして楽しい時間を持った。テーブルは3つあったが、皆よくお話しなさっていた。

 湖東の奥村さん、湖南の支部長吉田さんによって設立当初のお話しをしてくださった。はじめは案内も自筆で書いて案内状を出した話、1984年2月5日第一回目の総会を同窓会館で開催し80名の出席者があった。15回までは一人でも、お茶だけでもと毎年していたがその後二年に一回となった。会費は上手に使うように、無駄な使い方はしないように気を付けている話、現在97名が会費を収めてくださっている。新卒の方には毎年案内ハガキを出している。今年は379人に案内ハガキを出して、返事が来たのは80名。出席者は19名。二年に一回では同窓会の事も会費を納めるのも忘れるのではないかとの反省もしておられた。
 カレッジソングを歌い次回当番地区の幹事さんの紹介があり閉会となった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

奈良支部

日 時 2015年11月10日(火)

場 所 登大路ホテル

 会場は奈良駅からすぐの登大路ホテル」で開催された。
 11時30分より高宮さんの司会で始まり、讃美歌312番を讃美し、大東さんによって聖書朗読、一同で主の祈りを唱え永眠会員への黙祷をした。
 奈良支部長森脇さんの挨拶、来賓挨拶として同窓会会長玉村、女子中高校長辻村先生、女子大学広報課長北村さんの挨拶、来賓紹介で他府県支部長(東京支部長、京都支部長・副支部長、芦屋西宮支部長、阪神東部支部より3名)、そして今日の英語落語演者である乙野靖子さんの紹介があった。
 その後西村さんにより行事報告、近藤さんにより会計報告、仲川さんにより会計監査報告がなされた。

 総会後集合写真を撮り、西さんの音頭で乾杯をして会食に入った。同じテーブルの森脇支部長、北村課長、辻村先生とお話しし、美味しい食事をいただいた。ラフラフ(笑笑)亭ちゃめ吉さんの英語落語「ちりとてちん(女性版)」を聴かせていただき大笑いした。英語でわかるのだろうかと思ったが、わかりやすい英語でとても面白かった。阪神東部の方が生徒さんになって上手に真似をされ、それもまた面白かった。初めての経験で楽しませていただいた。
 カレッジソング、讃美歌405番を讃美してお開きとなった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

湘南支部

日 時 2015年11月7日(日) 11:30~14:30

場 所 鎌倉パークホテル

出 席 12名

 出席者12名のこじんまりした会でした。鎌倉駅からホテルの送迎バスに乗り、そこから初対面の方とも旧知のように親しくお話しながら会場へ。女専卒の90歳近いお方が二人、それに今回初参加という方が半数以上ありました。
 これまではお友達がいるからと東京支部へ行っていたけれど、今回のように少人数でも初めての方と色々お話ができてとても楽しかった、次回はお友達を連れてこちらの会に来たい! とも言われ、こんな風にして集まる人が増えればいいなと思いました。

(支部委員長 坂本 清音)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

長崎支部

日 時 2015年11月1日(日) 12:00

場 所 ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート

出 席 11名

 長崎駅よりシャトルバスで20分ほど坂道を登り海の眺められるガーデンテラス長崎(秋月)にて総会、懇親会が開催されました。この総会のため役員4人は4回集まり充分な準備をされ、立派な冊子をいただきました。この集まりで4人は大変仲の良い友達となれたそうです。食事も事前に試食会を持たれ、行き届いた会でした。
 クリスチャンの方がおられなかったこともありお祈りはありませんでしたが、讃美歌を全員で唱いました。

(副会長 阿部 登茂子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

広島東部支部

日 時 2015年10月31日(土) 11:30~

場 所 対仙酔楼 遠音近音

出 席 23名

 菊日和 秋雲はこぶ 瀬戸の風
快晴の柄の浦、由緒ある「対仙酔楼」で総会、懇親会はすぐ近くの汀邸「遠音近音」であった。秋晴れの海を眺めながらの総会、食事、懇親会、みなさん大変 和やかで充実した会合であった。食事が大変美味で、話に花が咲き、時間が短すぎるようだった。予定していた赤阪姉の「新島襄の足跡をたどる」お話は来年に続くことにして終了した。

(副会長 阿部 登茂子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

愛知支部

日 時 2015年10月27日(火) 11:00~

場 所 グランコートホテル「花梨」

出 席 29名

中華のお店の開店前に讃美歌、カレッジソングをバイオリンの伴奏で歌い、総会が始まった。

神吉支部長の挨拶、同窓会会長、女子大学広報課係長西岡さんの挨拶があり、会計報告があって総会は終わった。
記念撮影をして食事に入った。
今年はグランコートホテルの中華料理「花梨」のお食事で、今日の為に何度も試食して当日を迎えられたそうだ。美味しく、美しい盛り方で、色々注文したとお話くださった。仙波姉より食前の祈祷があり、みんなで食事をしながら思い思いにおしゃべりに花を咲かせた。テーブル配置も上手に考えられていたようで、テーブル同士で話が弾んでいた。

閉会の挨拶で、来年は両手に友達を誘ってきましょうと私の挨拶の言葉をとって呼びかけてくださった。

2時半に終えて、その後は隣接しているボストン美術館のチケットをいただき、各自それぞれが鑑賞して楽しんだ。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

宮城支部

日 時 2015年10月24日(土)

場 所 仙台国際ホテル

出 席 9名

 宮城支部の総会は仙台であるということで、6:26の新幹線ひかりで東京へ、そして9:24mの東北新幹線に乗り、11:30に仙台駅に着いた。タクシーで総会会場ホテル仙台へ行った。初めての仙台支部会出席で緊張したが、7月の全国支部長会に出席してくださった江村さんがおられていっぺんに緊張が解けた。

 江村さんの開会宣言から一同で讃美歌312番を歌い、斎藤支部長の聖書朗読、お祈りで総会が始まった。支部長の挨拶、同窓会会長・学長の挨拶ののち支部長より昨年の行事報告があり、江村さんより支部長会の報告があった。その後会計報告がなされ、全て承認された。現支部長より支部長退任の議案が出され、江村さんに次期支部長をお願いされた。一同承認し、本人も受諾された。無事2015年の総会を終え懇親会に入った。

 井上さんの食前の祈り、東京支部長の挨拶及び乾杯で懇親会が始まった。出席者は9人で、学長・会長揃っての出席は久しぶりとのことだった。食事をしながら一人一人の自己紹介、支部長会の時のお話しなど、皆さんからひとことずつお話しいただいた。まだ震災の爪痕は消えていないと感じたが、震災のところから来られていた若い方もおられ、また、遠く何時間もかけてこられた会員もおられた。
 讃美歌405番を歌いカレッジソングを歌ってお開きとなった。梅津さんの閉会挨拶のあと、皆で集合写真を撮った。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

韓国支部

日 時 2015年10月16日(金)  17:00~

場 所 覚堂福祉財団講堂

  韓国支部設立の第一回目の総会に、評議員9名が韓国にお祝いに行ってきました。金先生の熱い祈りに支えられ、韓国に在住の同窓生の8名のうち2名は連絡が取れず1名は日本に一年間来ておられるということで、5名の方々を発起人として第一回目の役員として登録され、韓国支部が立ち上がりました。
 坂本委員長そして金先生との何十回にもわたるメールのやりとりがあり、10月15日韓国支部の1ページ目が始まりました。金先生のきめ細やかな準備で、延世大学の宗教部部長、牧師で校友会の韓国支部長である趙先生が奨励をしてくださいました。礼拝で始まり、金先生の二人の息子さん夫妻がお祝いの讃美歌を合唱してくださって、心温まる韓国支部の始まりでした。出席者一同嬉しく、ここに海外支部五番目の設立に立ち会えた私達評議員も感無量でした。
 その後高支部長より設立の挨拶があり、加賀学長、同窓会会長、坂本支部委員長の祝辞がありました。韓国支部の支部規約が承認され、出席者の自己紹介、カレッジソングを歌って閉会となりました。その後みんなで記念の集合写真を撮りました。

 総会前日の夕食は、評議員9名と韓国支部の高支部長、趙副支部長の参加で、金先生のお宅に招待いただきました。お庭でウエルカムドリンクをいただき、その後家の中に入って韓国の手作りのお料理が次々と出され、私達9名は感激するやら嬉しいやらで、美味しくお腹いっぱいいただきました。
 初めて寄せていただいた韓国のお家で息子さんご夫妻にもサーブしていただき、歓迎を受け、嬉しい韓国の初日の夕食会でした。金先生の歓迎の言葉があり、みんなで楽しく歓談の時を持ちました。その後高支部長、趙副支部長の案内で韓国の夜の明洞の繁華街を散策してホテルに帰ってきました。

 2日目は金先生の息子さんのお世話でバスとガイドさんを用意して下さって、また支部長・副支部長お二人のご案内もいただき、宗廟、南山タワーに連れて行っていただきました。お昼は韓国料理の参鶏湯をご馳走になり、また美しい山の麗にある博物館でお茶をご馳走になって宗廟での祭礼の様子の展示を見せていただきました。
 その後総会の為にホテルに戻り、4時半にお迎えの車に乗せていただき、総会会場である覚堂福祉財団講堂に向かいました。
 すべてのことが承認され、韓国支部が設立されました。
 その後用意していただいた車に乗せていただき、校友会校友会韓国支部長の趙牧師の招待で、つい最近新築された延世大学の校舎で懇親会を持ちました。お手伝いのために韓国校友会の女性のお二人が参加くださって、大学の会議室で韓国のお料理をいただきました。

 次の日も町やロッテデパートの地下などを案内していただき、3時に帰りのバスが来るまで目いっぱい楽しみました。
 韓国支部の皆様に感謝し、京都に尋ねてくださることをお約束して嬉しく楽しかった韓国支部設立記念ツアーを終えました。

12人の広島支部・

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

広島支部

日 時 2015年10月3日(土)  16:30~

場 所 リーガロイヤル広島

出 席 14名

 総会には12人の広島支部の同窓生と本部から一人、大学から広報課の丸山さんが出席した。
 会長、広報課丸山さんの挨拶、記念撮影、カレッジソングで総会を終えた。16時30分から17時20分までの総会で色々なことが話し合えたと思う。
 その後校友会広島支部に合流し、総会の後、同志社大学村田学長、校友会中村副会長、同窓会会長の来賓挨拶があった。19時からは懇親会が始まり、同じテーブルの同窓生とゆっくりお話しして交わりの時を持った。
 懇親会の参加者は来賓8名、校友会会員159名、同窓生12名の計179名だった。若い人たちもたくさん来られていた。

12人の広島支部・

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

青森支部

日 時  2015年9月28日、29日

場 所  ホテル青森 風間浦村 「新島襄先生 寄港の地碑」前

出席者  青森支部 3名、本部1名、女子大1名、校友会、風間浦村から32名

青森支部同窓会総会は5時からだったが、皆そろったので、10分早く始めることとした。

支部長会の時に、総会は祈りを持って初めて欲しいということだったので、浜田支部長は「自分は、カソリックに所属しているのでカソリックの祈りですが」と言って「はじめの祈り」、つずいて「主の祈り」をみんなで祈った。

浜田支部長のあいさつ、会計監査を天内さん、会計報告を辰巳副支部長、庶務報告を浜田支部長によってなされた。会員は15人登録されているが、お二人はご高齢で出席できずお二人は「やめたい」と言ってられ、一人は仙台に引越しされ新住所わからない。6人は返信なし。6人は用事で出席できないとのことでしたと一人一人の現状をお話しになった。青森も広い地域なので、5時から始まるのでは出席できないなあと思った。

本部から会長、広報課から西岡さんが話をして、総会は終わった。

530分から大谷総長の講話、中村校友会副会長、そして大学の現状、女子大学の現状が話された。集合写真を撮って、懇親会に入った。近隣の校友会の支部長さんが列席、そして風間浦村の村長さんも出席されていた。懇親会で総長、校友会、校友会支部長、同窓会支部長の歓迎の挨拶の後大谷総長、校友会副会長、同窓会会長の挨拶があり風間浦村村長の乾杯の音頭で懇親会ははじまった。32人でのバイキング形式なのでゆっくり取りに行くこともでき、みんなと話すこともできた。3人の同窓生たちとは親しくお話しすることもでき、寮のこと、35時間ぐらいかかって帰省したことなど話してくださった。近隣支部長さんの話もあり、楽しかった。青森支部は、総会は同窓会、校友会別々で、写真撮影、講話、懇親は、一緒でと校友会とも良い関係ができている。でもお昼に同窓会だけの総会懇親会をしたら、どうかなあと思った。同窓会支部のない時から県人会として助け合って同志社に行った皆さんだから、一緒にしたいと思うのもしょうがないかなあという感じもする。明日は740分にロビーに集合して風間浦村の碑前祭に出席する。これも校友会が動いてくださらないと同窓会だけではできない。

次の日朝早く起きて、チェックアウトしてそれぞれ校友会青森支部の方の運転する車に分乗して風間浦村の新島先生碑前祭に出発した。

私は、浜田青森支部長さんと一緒に小泉校友会会員の方の車に乗った。750分に出発して3時間30分かかって風間浦村に着いた。ちかくに、井上靖の碑があり雨が降ってきたのでさっと見て、皆が到着するまで車で浜田支部長さんと色々お話しする事ができた。

大谷総長が着いた途端雨が止み、風間浦村主催の碑前祭が始まった。風間浦村村長の挨拶大谷総長の献花、挨拶、青森市部長の挨拶、同志社校歌を歌い30分ぐらいで終わった。

ちょうどこの日、風間浦村の中学生13人が同志社に交流のために出かけられたと聞いた。同志社を見学し、同志社中学校生と交流される。新島先生が150年前に立ち寄って、温泉に入り疲れを癒した所ということで交流が始まりお互い行き来している。素晴らしいことだ。

12時から村の役職の人たちとの会食があると言うことで、待ち時間の間、小泉さんが,3つの地域の学校が統合して幼稚園、小学校、中学校、が一つになるために新校舎を建設中ということで見学に連れて行ったくださった。広いグランド、素敵な校舎が出来上がりつつあった。来年度より開校になるということだった。途中の学校は、いくつかが廃校になっていた。過疎化が進んでいることを実感した。また4時間近くかかって青森の飛行場に送っていただき、夜遅く帰宅した。          (会長 玉村三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

群馬支部

日 時  2015年9月27日(日)

場 所  メトロポリタン高崎

出席者  12名

京都駅624分発の新幹線で東京に。北陸新幹線で高崎に。

会場の「メトロポリタン高崎」には少し早くついた。今日は会長としての挨拶の他に開会祈祷、食前祈祷を頼まれていた。

ピアノがあったので讃美歌312の伴奏をして、聖書ヨハネによる福音書  316(新島先生がフイリップスアカデミーで同室だった神学生に最初に聞いた聖句)を拝読し、開会祈祷をし群馬支部総会が始まった。

群馬豊泉支部長の挨拶、私の挨拶、北村課長の挨拶があり総会に入った。

豊泉支部長の活動報告、樽見さんの会計報告、大熊さんの監査報告で終了。

集合写真を撮って懇親会になった。食前の祈りを私がして、加賀学長の挨拶があった。フランス料理をいただきながら、参加者ひとりひとりが自己紹介を詳しくした。1年間の生活など。新しく参加された方は今までの自分のこと、亡くなられた支部会員の思い出などお話になり、9人という少ない人数であったけど、自分の思いをすべてお話になり、素敵な同窓会になったのではと思う。学生時代は皆寮生活で、同じ寮におられた方が4人もおられ、その昔「一緒に過ごしたこともあったのだね」と再会を喜んだり、新島先生の実家である安中での生活、新島学園卒業をして同志社女子大学に行ったことなど、また新幹線のない時代に10時間以上かけて大学に行ったことなど、貴重なお話も聞くことができた。いつも校友会と一緒に懇親会してられたが、人数は少なくても出席された方々と交流できお話ができたことはよかった。出席された皆さんも「来て良かった」と思われたと思う。来年の再会を約束して終了した。

                                                                                                    (会長 玉村三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

米子支部

日 時 2015年9月3日(日) 12:00

場 所 皆生温泉 松月

出 席 14名

 皆生温泉松月は同窓生が若女将をしておられるところで、素敵な料理旅館でした。
 お料理が美味しいということで皆さん今回の総会はお料理をいただくことも楽しみにお集まりくださったようです。梅酒で乾杯して光長支部長の開会挨拶・乾杯で総会が始まりました。

 冷たいものは冷たいうちにということで食事が始まり、つき出し、お刺身をいただいた頃に同窓会会長の挨拶、大学の広報課の西岡さんの挨拶があった。私の方からは「一人が一人を」を合言葉に発展してほしいということをお伝えし、西岡さんからは学校の現状をお話しになった。お食事をしながら一人一人の自己紹介があり、娘さんが同窓生で自分は卒業生ではないけれどこの会に参加することが楽しみだと仰る方がお二人おられて、客員として参加されることは嬉しいことだなあと感じた。会計報告は紙面で出された。2時に終えて、ラウンジでコーヒーをいただいておしゃべりしてお別れした。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

茨城支部

日 時 2015年7月12日(日) 11:30

場 所 プレジデントホテル水戸

出 席 10名

 京都6時33分の新幹線に乗り、11時5分に水戸に着いた。駅前は整備されて美しい通りだが、皆さんが仰るには、あとは田園の中だそうだ。
 女子大学からは斎藤総務部長が参加され、少ない人数だったが、みんな和気藹々と懐かしい学び舎でのこと、先生のことなど、同窓生ならではの共通話題で話に花が咲いた。
 讃美歌「いつくしみ深き」を歌い、総会が始まり、支部長の挨拶があった。その中で、「使用切手を集めて医療団体に送っている。切手を送ってほしい」と呼びかけられた。その後、同窓会会長、斎藤部長の挨拶があった。
 会計報告のあと会食に移り、一人ずつの自己紹介をして、同窓生の連帯感で一人一人の近況を聴き、楽しい交わりの時を持った。最後に集合写真を撮り、また会う日を楽しみに帰途についた。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

札幌支部

日 時 2015年7月9日(木) 11:30

場 所 イルチェントロ ヒラマツ

出 席 20名

 札幌支部エルム会の総会及びお食事会は、青空が広がる札幌駅近くの赤レンガテラス4階イルチェントロ ヒラマツ レストランにて開催された。前日より札幌に入り、当日は大通中央公園を歩き左右に広がるビル街など札幌の中心地を眺めながら、花壇の美しさに感嘆し、有名な時計台も見て、総会会場へ向かった。
 同窓生、客員(校友会女性)も含め20名の支部会員、客員が参加された。女子大学からは北村広報課長、校友会からは札幌支部会長武田氏が参加された。女学校時代の母の友人の娘さんとも会うことができ、懐かしいひと時だった。支部会に出席するとこういう繋がりもあり、嬉しい限りである。
 支部長の挨拶、同窓会会長、北村課長の挨拶、校友会武田支部長の挨拶、女子中高校長の挨拶の代読があり、総会が始まった。
 会計報告、一年間の歩みを報告され、承認された。来年度の幹事を決められ、議事が終わり会食に移った。
 初めの乾杯をお願いされ、総会で礼拝がなかったので「昼食の感謝の祈りで乾杯にします」と言って感謝の祈祷を捧げ、ともに支部の発展、健康を祈願して乾杯した。
 歓談しながら美味しいフランス料理をいただいた。一人ずつの近況をお話しいただき、教会に通っておられる方もあり、来年は礼拝で始めて下さいとお願いした。その時、総会の礼拝の仕方の雛形を配布してほしいと提案された。ご提案に感謝する。
 最後に讃美歌「神ともにいまして」を歌い、集合写真を撮ってお開きとなった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

三重南勢、中勢、北勢3支部

日 時 2015年7月4日(日)10:00〜10:30

場 所 津都ホテル 5F鈴鹿の間

出席  6名 本部1名 女子大 1名

同窓会三重3支部合同総会 10:00〜10:30

同志社同窓会三重3支部合同総会が中勢支部の当番で開催された。

大下中勢支部長の開会挨拶で始まり、黙祷を持って永眠者追悼をした。讃美歌312番を賛美し、聖書テサロニケの信徒への第一の手紙 5章 16節〜18節の拝読があり祈祷で開会礼拝を終えた。

女子大斎藤総務部長の挨拶、同窓会会長の挨拶があり、出席者の紹介があった。

その後、藤原南勢支部長、北勢近藤支部長、中勢大下支部長よりそれぞれの支部の報告があった。中勢支部は会計報告がしっかりなされていた。写真撮影をして閉会となった。その後校友会の総会に出席のため場所を移った。

1部   校友会総会 10:40〜11:30 

     校友会の総会で来賓紹介があり、同窓会会長も挨拶した

2部   記念講演  11;40〜12:50

     大阪体育大学名誉教授   阪田好弘氏  

     演題 「駆け抜けたラグビー人生」

  最後に行きついたことは

  指導は謙虚でなくてはいけない。黙っていて本気にさす。(我慢してじっと目守る)

  短い時間で集中して練習さす。目標を持って練習さす。

  ということだと結ばれた。

3部  懇親会 13:00〜15:00

  同窓会は一つのテーブルを囲み、お話をしながらお食事をした。カレッジソングで閉会となった。

  その後支部長さんたちとお茶にして支部長会のことなど楽しかった思い出話に花が咲いた。 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

大分支部

日 時 2015年6月28日(日) 11:30~

場 所 瑠璃京

出 席 15名

 会場は中津の割烹「瑠璃京」で、校友会中津クラブ会長 角氏により豊前海で獲れる海の幸、とりわけ鱧についての薀蓄を伺いつつ、鱧料理のフルコースを賞味した。
 もちろん、その前に支部総会が持たれ、、支部長挨拶、会計報告がなされた。

 会食後、同じく中津クラブ前会長の案内で中津城を見学、黒田時代、細川時代、奥平時代の歴史を伺った。前日までの雨が嘘のような好天気であったが、暑さには少々閉口した。

(支部委員長 坂本 清音)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

浜松支部

日 時 2015年6月27日(土) 11:30~15:00

場 所 浜松八幡町クスノキクラブ

出 席 57名

 第8回の総会。浜松同志社クラブから会長はじめ6名が来賓で来ておられ驚いたが、浜松支部は同志社クラブとのつながりが深く、お互いに協力しあいよい関係を持っておられることを知った。
 また土地柄音楽を通しての交わりが強く音楽科卒の方が活躍しておられる。当日は同志社女子大学の音楽科教授の松下先生が独唱(解説付き)をされた。伴奏は同学年の支部会員中島さんがされ、和やかで楽しい集いであった。3
時間半の会と時間があったので全員が一言スピーチをされ、これもよかった。小山支部長をはじめ、役員の方々 色々お気遣いもあった。会後ミニバザーがあり、支部、また音楽活動の支援に使われるご様子だった。
 支部だよりを年一回発行しておられることをうかがった。

(副会長 阿部 登茂子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

新潟支部

日 時 2015年6月20日(土) 15:00~19:30

場 所 新潟グランドホテル

出 席 57名

 二時半に同志社大学学長村田先生の講演があるので、間に合うように新幹線で東京、新潟へと向かった。7時過ぎの新幹線に乗り、1時過ぎには新潟に着いた。会場のグランドホテルは信濃川のそばに建つ。信濃川の滔々とした流れ、水量の多さ、お米が美味しいはずだと納得する。

 同志社大学村田学長の講演は市民にも公開される。100名以上が集まっていた。校友会、同窓会合同の総会なので一緒に記念撮影をして、総会会場に移った。校友会新潟支部長の挨拶に引き続き、同窓会新潟支部長篠田様の挨拶で始まり、報告、連絡事項、会計報告、会計監査が承認された。新潟支部は会計も全て合同で行われている。引き続き式典が17時より始まり、校友会副会長中村様、同窓会会長の挨拶があった。私はここで、組織が違うのだから総会は別々で考えていただきたいとお伝えし、同窓生には本部の総会の案内をした。初めて出席された校友会の方の紹介、カレッジソング、最後の挨拶で終わり、二次会で同窓生の方たちと話し合うことができた。カラオケで歌われた方もあり、卒業生が心を開いて話し合えるひと時であった。校友会事務局から会計を別にするよう考えてみるというお答えもいただいた。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

福岡支部

日 時 2015年6月13日(土) 12:00~14:40

場 所 レストラン花の木

出 席 33名

 博多から地下鉄に乗り、大濠公園まで10分ほど。福岡支部総会会場「レストラン花の木」は池の前にあるレストランで、外を眺めればボートに乗った親子連れ、良いお天気に恵まれ景色の良い所での総会だった。

 12時より讃美歌217番を讃美し、コリントの信徒への手紙13章4~7節の聖書朗読、祈祷があった。桑原支部長の開会挨拶、同窓会会長、女子大学学生参与川村様の挨拶の後、総会が始まった。桑原支部長によって2014年度役員会活動報告、会計川崎様によって2014年度会計報告、監査報告があり、全て承認された。その後役員改選案が出され、承認された新役員、当番幹事の紹介があった。

 校友会福岡県支部支部長渕上様の乾杯で懇親会が始まった。同じテーブルの、昭和26年卒のかつて支部長をなさっておられた岡村様、深見様、昭和32年卒の池田様、林内様と、その当時の同志社のことなど懐かしいお話を伺い、楽しい時を持った。ジャンケンゲームをして同志社カレッジソングを歌い、記念写真撮影をして2時30分終了した。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

埼玉支部

日 時 2015年6月6日(土) 11:30~14:30

場 所 西武所沢店 バンケットルーム

出 席 18名

 11時45分より、現代社会学部システム学科教授日下菜穂子先生から「幸せを感じる心のメカニズム」という講演があった。感謝、信頼、関わりの中で幸福だと感じる。オキシトシンが出て幸せを感じる。と仰ったことが印象に残った。

 講演の後総会に入り、讃美歌を賛美し、大島支部長の挨拶、校友会埼玉県支部福田ひろみ副支部長、同窓会会長、広報課西岡係長の挨拶があった。総会は39人の会員の1/3で成立し、大島支部長が議長に選出され、活動報告、会計報告、監査報告がなされた。「その他」で、人が少ない、場所をいろいろ変えるけれど参加人数は少ない、という問題があるということを報告された。

 毎月第一金曜日に讃美歌会を行っておられる。指導は1954年女子高卒で芸大卒の折山百合子さんがなさっている。

 懇親会に移り、食前の祈りがあって食事をいただき、参加者の近況報告があった。
 カレッジソングを歌い、写真撮影をして、14時30分閉会となった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

芦屋西宮支部

日 時 2015年6月4日(木) 12:00~15:30

場 所 ホテル阪急インターナショナル

出 席 47名

 梅雨入りの宣言があったが美しい晴れ渡った日に、芦屋・西宮支部総会が梅田ホテル阪急インターナショナルで開催された。女子大学からは広報課の西岡氏が来られ、松村支部長の開会挨拶に続いて西岡氏の挨拶、同窓会会長の挨拶、そして女子中高の辻村校長のメッセージを代読した。会計監査があって一部総会は無事終了した。

 二部は讃美歌会アリッサムの合唱で讃美歌他を高島依子先生の指揮、小川正子先生のピアノ伴奏で歌われた。20年の歴史のハーモニーを楽しませていただいた。

 三部は懇親会で、まず天国に召された方への黙祷を捧げ、共に主の祈りを唱和し、西岡氏の乾杯の音頭で会食が始まった。京都支部、神戸支部、大学の時の同級生そして西岡氏と同じテーブルを囲み話し合いながらお食事をいただいた。

 四部は珍しいモンゴルの音楽を聴かせていただいた。初めて見る楽器、音色にワクワクする時間だった。
 五部は讃美歌405番を皆で歌い、カレッジソング閉会の挨拶、写真撮影でお開きとなった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

阪神東部支部

日 時 2015年5月28日(金) 10:30~14:30

場 所 宝塚ホテル

出 席 49名

 10時30分より総会が始まり、藤澤支部長の挨拶の後、讃美歌312番を共に讃美し、来賓、各支部長の紹介、来賓挨拶、会計報告、監査報告、新役員紹介があり総会は終了した。

 続いて医学博士鈴鹿隆之氏による「医学知識を音楽にのせて――鍵盤2兄弟+α2015」と題しての講演、シンセサイザー、アコーディオンの演奏があった。ひとつの病気で病院に行っていても健康診断は必ずするように。血圧の話、コレステロールのお話の間にシンセサイザーの美しい音色の音楽、細い体に重いアコーディオンを抱えての演奏、とても楽しく、気が付くと頬が緩みっぱなしの楽しい講演音楽会だった。

 その後懇親会でお祈り、乾杯の後各テーブルでお話しながら美味しいフランス料理をいただいた。私のテーブルでは鈴鹿先生、女子大学北村広報課長、京都支部の方三名、神戸支部の方二名とご一緒に楽しい交わりの時を過ごした。鈴鹿先生のシンセサイザーのオーケストラ音の伴奏でカレッジソングを歌いお開きとなった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

岡山支部

日  時 2015年5月27日(水)

場  所 ホテルグランヴィア

出席者 21

 当日は真夏の暑い日であったが、眺望のよいホテルグランヴィア19階、フランス料理プリドールの快適な会場で総会は開催された。
 総会後、雷門喜助氏による落語・お笑いでリラックスした。
 美味しいフランス料理をいただきながら大いにおしゃべりをし、自己紹介の時間がなくなったほどだった。笑いと美食とおしゃべりの、大変楽しい一日を同窓生と過ごすことができた。総会への参加もアピールした。

(会長 阿部 登茂子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

岐阜支部

日  時 2015年5月24日(日)

場  所 土蔵レストラン 時季(とき)の蔵

出席者 15名

 前日の天気予報では曇・雨であったが、当日は晴れて暑い一日だった。
 岐阜県湊町、古い町屋を保存している地区で、鵜飼で有名な長良川畔、江戸時代創業という十八楼の前に新しく土蔵を移築した土蔵レストラン「時季の蔵」を会場として、総会が開催された。
 出席者は1949年高女部卒(85歳)から2013年卒までの14名があった。
 総会・会食・自己紹介の後、「長良川うかいミュージアム」に移動し、鵜飼についての説明・映像を楽しんだ。

(副会長 阿部 登茂子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

沖縄支部

日  時 2015年5月24日(日)

場  所 ホテルロイヤルオリオン

出席者 6名

 京都は天気だったが、沖縄はあいにくの雨。その日から梅雨入りしたとの事。雨の為遅れられる方があったので、先にお食事となった。少ない人数ですぐに打ち解けて、支部の運営について話し合った。
 讃美歌312番を讃美し、上地支部長さんの開会挨拶、来賓挨拶のあと、2013年度、2014年度活動報告、会計報告がなされた。承認ののち、来年度の総会は2016年5月22日と予定された。
 最後に皆で記念撮影をしてモノレールまで送っていただき、帰路に着いた。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

香川支部

日 時 2015年5月24日(日)

場 所 ホテルクレメント高松

<校友会との合同懇親会>

出席者:大学からは大谷総長、広報部参与の角谷千尋さん、校友会副会長の中村友一氏。女子大からは広報課長の北村博子さんと、同窓会からは支部委員長として坂本が出席しました。

スピーチは、大谷総長による同志社全体の近況がメインで約30分、後の4人は10分ずつ、それぞれの立場から話をしました。

出席人数は、校友会員24名、同窓会員15名で、同窓会員数が、校友会員の2/3を占めており、乾杯もお祈りも同窓会員が担うといった、同窓会の存在感のある、懇親会でした。

会場:JR高松駅前のホテルクレメントで、21階にある懇親会場からは高松城が見下ろせる眺めも雰囲気もいい会場で行われました。


<同窓会香川支部総会>

・香川支部の発足は、同窓会の歴史では、いわゆる第3期の、太平洋戦争敗戦後スタートの支部に当たります。その範疇の支部数が54ある中では、早い方(7番目)で、同志社創立80周年の1955年には支部所在地に既に名前が載っている支部です。

・しかし、当分は休止状態だったようで、実際の活動が始まるのは、その25年後の1980年(S55年)でした。

・「同窓会報」に掲載されている支部報告によりますと、当初は、校友会の力を借りてやっと始められた、という経緯があったようで、当然、校友会と共催の形で行われていたようですが、その3年後の1983年(S53年)には、初代の支部委員長(その後25年間支部長)三宅素子姉の自宅で、第1回の女子部単独の同窓会が開かれ、その後毎年独自の活動を開始されていた事が分かります。

しかし依然として、総会・懇親会だけは校友会と合同で行われていた関係上、校友会とは別組織であるという意識が薄れていた嫌いがありましたが、今から3年前の2012年度からは、合同の懇親会の前に、同窓会支部単独で総会を持って下さるようになり、今年も懇親会前の30分を、別室で、資料もきちんと準備されて、同窓会の支部総会が行われました。

・支部の歴史についても、長年、会長を支えて来られた方が、きちんと資料を残していて下さると分かり、香川支部に関する記述は安心と、確信しました。

・これからも校友会と同窓会が互いの独自性を保ちながら、大いに協力し合って、同志社香川支部の力を大いに発揮して下さるようエールを送って、お別れしました。

(支部委員長 坂本 清音)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

東京支部

日  時 2015年5月20日(水)

場  所 青山ダイヤモンドホール

出席者 56名

 本部と同じく礼拝をもって東京支部総会は時間通り始まった。讃美歌122番「みどりもふかき」を歌い聖書朗読、祈祷ののち永眠恩師・永眠会員に黙祷を捧げ、頌栄541番を歌い後奏があった。
 支部長挨拶の後、総会議長、副議長、書記が選出され、総会が始まった。2014年度の行事事業報告、会計報告、監査報告がなされて承認された。続いて2015年度行事・事業計画案、予算案が出され承認された。役員の改選で新役員1985年卒の3名が新しく役員の候補者として推薦され承認された。
 東京支部は支部長、副支部長、会計、1984年卒の役員は留任だが阿985年卒の方々が新役員となり、来年の総会は1984年卒の方々が中心として計画実行される。今年度は退任される1983年卒の方々が中心となって計画実行された。588名が支部会費を納めておられる。
 総会の後は懇親会が持たれ支部長の開会挨拶ののち来賓挨拶、食前の祈り、乾杯で会食が始まった。
 食事の後は同志社大学村田学長より「2025年の同志社教育」と題して講演があった。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

神戸支部

日  時 2015年5月14日(木)

場  所 北野ガーデン

出席者 女子大(加賀学長・北村広報課長・西岡広報係長)

    近隣支部長―京都・奈良・阪神東部・芦屋西宮―4名、と坂本)

    出席会員の総数は40名。

 会場となった北野ガーデンは、名前からも想像出来るように、神戸の北野坂沿い、異人館エリアに建つ、敷地面積900坪という広大な敷地の中の、瀟洒な門構えの建物でした。中に入ると、奥の方には、樹齢100年を超す大樹が見え、その下には、グリーンの芝生が広がる英国式庭園がありました。そのお庭を正面にした、ガラス張りのホールが会場でした。もう席に着いた途端、これから過ごす豊かな数時間が予想されて、ワクワクしました。


・この支部の特色は、歴史が古い(いわゆる第1期に創立された4支部の一つなのですが、初代と第2代の支部長が、同志社女学校最初期の卒業生で、二人とも牧師夫人であったために、大変宗教色の濃い支部としてスタートしたことが最初の支部規則から分かります(会則第三条 本会は第一に…学校の益々隆盛ならんことを天父に哀願し併て会員の信仰を奨励し以て相互の親睦を厚うせんことを目的とす―下線坂本)。それは、母校のバザー支援のためのお仕事会活動―主としてフランス刺繍―が盛んであったこと、今も出席メンバーの中の年配者は殆どお仕事会と関わって来られたことと繋がっていることが分かりました。

・そのようなことを互いに分かち合いながら、出席者の方々が神戸支部に属しておられることに対して、これまでとは違う意識を抱き始められるのをひしひしと感じ、歴史を知ることの大切さを共有しました。

・しかし、何と言っても圧巻だったのは、その日の催しとして用意されていたマウロ・イウラート(伴奏は佐野まり子)―神戸在住のバイオリニスト。ウィーン国立音大の出身者で、数々の国際コンクールで優勝―によるバイオリン・コンサートでした。ヴィヴァルディの「四季」の中の「春」、クライスラーの「愛の悲しみ、愛の喜び」、サラサーテの「チゴイネルワイゼン」などのポプラ―な曲を交えての生演奏を、1時間近く、演奏者と1メートルも離れていない席で聞くことのできた幸せは、会長のよく言われる「役得」の最たるものでした。

・神戸支部は、昨年の支部活動の一つを京都で実施され、その機会に同窓会本部との顔合わせも出来ていたので、本部と支部との繋がりを感じつつ終始和やかに過ごすことができたことは幸いでした。

(支部委員長 坂本 清音)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

静岡支部

日  時 2015年5月13日(水)

場  所 寒梅館

出席者 12名

 8名の同窓生が静岡から京都同志社に来られ寒梅館七階のレストランで総会、懇親会を持たれた。女子大学から北村広報課長、西岡広報課係長、女子中高より辻村校長が出席されて総会が始まった。石上支部長からの二年間の行事報告、会計報告がされ、長年支部のためにご奉仕された臼田まり子さんに感謝状が贈られた。その後お食事をいただきながら、懐かしい学生時代の思い出に花を咲かせ、記念写真を撮り寒梅館を後にした。
 同志社大学の構内を歩き、チャペル、尹東柱(ユンドンジュ)詩碑、クラーク館、良心碑を見て女子大構内に入り、広い芝生があったことなどを話しながら栄光館に入った。支部委員、総務委員が出迎え、辻村校長の案内で女子中高の黎明館、希望館の、もうすぐ改修工事があり取り壊されると云う懐かしい校舎を見て回った。ジェームズ館の展示室で坂本先生より説明を受け、栄光館の講堂、瞑想室を見学。瞑想室では坂本先生より瞑想室の歴史のお話を聴き、しばらくの間瞑想した。その後同窓会館にて茶話会をし交わりの時を持った。支部の話、同窓会の本部での話、支部長会、総会のお願いなどをして、楽しい時間はあっという間に経ち、16時過ぎにお見送りした。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

京都支部

日 時 2015年4月24日(金) 11:00~14:30

場 所 京都センチュリーホテル

出 席 58名

 讃美歌90番を歌い聖書朗読、祈祷、永眠会員への黙祷、支部長の挨拶のあと第一部総会が始まった。
 議事がすべて承認され、新役員が紹介された。

 第二部では懇親会がもたれ、加賀学長、辻村女子中高校長、同窓会会長の挨拶があり、会食が始まった。今回は女子大学から斎藤総務部長も参加された。
 講演は、「京都支部の歴史」と題して女子大学名誉教授坂本先生より伺った。
 京都支部と本部の関係については、本部の主な役割は同志社女学校同窓会規則第8条「本会の事業なる『新島文庫』の拡張並びに本会機関誌『同志社女学校期報』の編集は本会委員、女学校職員と計りて之をなすべし」に規定されており、京都支部が本部の役割を担って学校との関係、来客の接待、卒業生との交誼、募金活動などを行っていた時期があったということを紐解いてくださった。
 その後、女子中高音楽科の三好先生のソプラノ独唱で、女子中高の『同志社花の歌』、『女子大学大学歌』、(英語曲であるためカレッジソングの歌唱が禁止されていた戦時中に歌われていた)湯浅吉郎作詞・大中寅二作曲の『同志社校歌』を一緒に歌い、素敵なコンサートだった。
 最後にカレッジソングを皆で歌い、閉会の挨拶でお開きとなった。
 私も京都支部の会員なので、皆様に、7月4日の同窓会本部総会に出席して、本部のある京都支部の皆様が中心となって盛り上げてくださるようにとお願いした。

(会長 玉村 三保子)

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

松山支部

日 時 2015年4月18日(土) 11:30~

場 所 道後山の手ホテル

京都から新幹線で岡山まで、その後予讃線の特急に乗り換え、計4時間を超える旅でした。四国に渡って列車がひたすら西へ西へと進んで行くうちに、風景も空気も次第に穏やかで優しく感じられ、まるで故郷に向かうような懐かしさでした。

毎年の総会会場となっている「道後山の手ホテル」は、周りの日本風情たっぷりの温泉宿とは異なり、独自のイギリス風のハイカラなホテルでした。

四国の同窓会支部訪問は初めてとおっしゃる加賀学長からは、最近の女子大の発展ぶり、特に今年度新設された看護学部の受験生の多さを伺って、一同驚いたり喜んだり、母校が安定して発展する様子に感謝しました。

松山支部は3年前に創立50周年を迎えられたとのことでしたが、創立以来1年のブランクもなく、年に2回(近年は1回)の活動を続けて来られたという、歴史の積み重ねがあるからこその、安定した、メンバー同志の信頼と融和に溢れた支部との印象を受けました。参加者は28名だったのですが、ここに来ると、親の介護や自分の身体の不調で後ろ向きだった気持ちが立ち直り、互に心を開いて話合うことによって、(そして最後に、希望者はホテルの温泉に入って)、すっきり、ほっこり出来る、まさに癒しの時間となっているとのことでした。

何か特別なことをしなくても、それぞれの近況を語り、懐かしい歌を一緒に歌いながら、かつて同じ母校で学んだ者同士だからこそ通い合う安心感・開放感を皆が感じておられることを、この会の時だけ参加させて頂いた私も実感でき、同女に学んだことを心から感謝出来る一時でありました。

支部長の小池ミチ子さま、そして、松山支部の皆さま、ありがとうございました。

(支部委員長 坂本 清音)

奨学金
住所氏名変更届

リンク

学校法人 同志社
同志社女子大学
同志社女子中学校・高等学校

ページの先頭へ