◆ ちょっとお知らせ ◆

My Favorite 井上靖「後白河院」

2012.05.11

 今回の記事は、HP委員会より、38年高卒の下谷祝子 さんに依頼してご執筆いただきました。


余程本好きと知られているのか「書評」のコーナーに、今時のもので、ただし最近出版されたものは新聞等に載るので、その辺は避けて「何か」とのこと。
  NHKの大河ドラマは毎回ドラマそのものへの好みとは別に、そんな時代があった事を思い出し、書店にはこの時とばかりに「関連書」
が並ぶの、楽しみである。
 そんなことで今年の大河ドラマ「平清盛」がらみで「今どき」ではあるが「ずいぶん昔」に出版されたものをとりあげてみた。
 

   井上靖著  「後白河院」   筑摩書房 昭和47年発行 

胎頭してきた武家勢力に抗して天皇・公家による政治体制の維持に孤軍奮闘した後白河院の「人となり」を、その時々に近くにあった4人が往時を語っている

  最初が保元・平治の乱当時蔵人であった堂上平氏の平信範
 自分を帝位につけ、皇室内の確執も摂関家の内紛も一挙に
かたづけた信西にむける院のなざし」に、以後続く平治の乱、院政の復活を予感しているし、 の建春門院(後白河院后・高倉天皇母・清盛妻時子異母妹)に仕えた藤原俊成女は高倉帝即位、徳子入内と平家一門全盛期、表面の華やぎの底にざわめいていたものが、女院崩御を機に重しが取れたように騒がしい時代へと雪崩れて行く様を案じている。
 三人目は
院の執事として「院に二心なき人」と評された峻厳な能吏の吉田経房だが、清盛逝去、平家西走、義仲入洛・敗死、平家滅亡、義経失脚源平の争乱を逆手に宣旨・院宣を朝令暮改的に乱発して切り抜けようとした院を「武断の政はどのようなことがあっても排さねばならぬ。・・・・院はそのようなことをなさるためにお生まれ遊ばされた方と申し上げていいかと思うと支えている。
 最後に、九条兼実(
関白・かつて平信範に保元平治の事を聞いは後白河院崩御の後「武人という武人は一人残らず院にとっては敵というべき存在」であった「後白河院は六十六年の生涯ただ一度もお変わりにならなかった」「ただ口からおしになる言葉だけを、方便として、その時々に依ってお変えになっていらしたまでのことである」「ただひとりでお闘いになり、結局はお勝ちになったのであると。 

 源頼朝から「日本国第一の大天狗」ときめつけられたのは後白河院にとってある意味面目躍如たることではなかっただろうか。
 突き放したような乾いた文体に、かえって後白河院への思いが籠っているような感じ
がする。 

 

                          38高  下谷祝子 

My Favorite 朝散歩のススメ(賀茂川編)

2012.05.06

朝散歩のススメ(賀茂川編)

賀茂川の土手に降り立つと
自然は優しく大きく包み込んでくれます。
川は『あなたも力強く生きなさいよ』
鳥達は『わたしがうたって癒してあげますよ』
いつもと変わらず迎えてくれます。
.
.
.
.
『おはようございます』
私の朝の第一声は賀茂川で始まります。
.
歩き始めてまだ丸2年。
何十年と歩いてらっしゃる方が多いので、
新参者です。
.
家から往復、約8キロのコース。
1時間半から2時間かけて、ほとんど毎日、先輩ご夫婦と会話を楽しみながら歩いてます。
話題には事欠けません。あっ、カワセミが飛んでる、あそこにイソシギがいる、
蜻蛉日記のカゲロウがとまってる、
この花はグリム童話に出てくるサラダにして食べても良い『ノヂシャ』、
タケノコは薄切りにしてバターソテーし、味醂醤油で甘辛く味を付けると美味しい・・・
いろんな情報が飛び交い、頭はフル回転。忙しや忙しや・・・
あっという間に散歩の時間はおしまい。
.
散歩している方にお聞きしますと、
風邪を引かなくなった・視力が回復した・動悸がなくなった・肩こりがなくなった・・
人それぞれ。
脂肪燃焼効果があると言われますが、散歩から帰るとご飯がおいしいこと・・・
なので痩せる事は難しい・・
.
朝散歩は『前向きな気持ちになれること』が一番だと私は思います。
安定した精神・活力を得ることは一日の生活の第一歩として
こんなに素晴らしいことはありません。
でも、朝散歩に行かねばならぬ、という気持ちより、
歩きたいな、という気持ちを大切にしてます。
ですから時々お休みも・・・
言い訳です・・・
.
今の季節、緑眩い賀茂川では、
苞が残ったヒナゲシの花がかわいい顔をしてお迎えしてくれます。
そして、運が良ければカルガモのかわいい親子のお散歩も見られるかも・・カモ・・・
.
.
賀茂川でなくても是非、朝散歩をしてみて下さい。
お昼間とは違った朝の顔が覗け、思わぬ出会いや発見が・・・。
何よりも、新たな自分自身が発見出来ます・・・
朝散歩のススメでした
             1976年女子大音楽学科卒  小谷(石谷)嘉子

 ◆ちょっとお知らせ◆のコーナーにMy Favoriteのカテゴリーを作りました。ここには、会員のお気に入りなど、皆様に楽しんでいただけるような身辺の事などを載せていく予定です。皆様からの投稿もお待ちしています。

カレンダー

«5月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

フィード

ページの先頭へ