◆ ちょっとお知らせ ◆

My Favorite 東野圭吾「天空の蜂」

2012.07.31

東野圭吾「天空の蜂」

 テロリストに奪取され、爆弾を積んだ自動操縦状態の超大型ヘリコプターが、稼動中の日本の某県にある高速増殖炉の真上でホバリング。そして「現在稼動、建設中の原発を全て使用不能にしろ。さもなければヘリコプターを落とす」の脅迫から始まります。その理由や結末は…内緒です。 

 昨年の東日本大震災が起こらなければ、ただの空想科学サスペンスだったかもしれませんが、大地震と津波によって想定外の福島原発事故が不幸にも起こってしまいました。

 著者が思い入れの強い作品と語っているように、1995年刊行のこの小説は、はからずも今日の国家危機を予測していました。

 本書では原発を推進する立場、反対する立場、無関心な立場、様々な立場の登場人物が原発について語っています。

 原発は単純に危険だ、だけではなく、原発がなければ私達の今の生活が成り立たないこと、危険と隣り合わせにどれだけの恩恵を受けているのか…

 原発によるエネルギー問題は、知らなかったではすまされない、目をそむけてはいけない大切な問題であり、これを知り向き合って行くのは国民の義務だと思い知らされました。

 あくまでも小説ですが、節電を考える今こそお読み頂きたい作品です。(原子力発電は原発と省略致しました。)

                                   46高 吉森(土肥)由美子

2012年度総会の様子

2012.07.19

2012年度の総会が終了しました。130人余の会員が参加されました。

懇親会では今城淳之先生のご指導の許、芦屋西宮支部の賛美歌会「アリッサム」の有志の方々による合唱がありました。
八重さんの愛唱歌と賛美歌を涼やかな声で歌っていただきました。

続いて本井康博先生の「八重の桜,舞う」のご講演を拝聴しました。
新島襄と八重の生涯を分かりやすく楽しくお話くださいました。

サンディエゴより

2012.07.12

会報52号へのお礼が、アメリカから届きました。ご本人に承諾を得て、ご紹介いたします。


毎年遠いところまで同窓会誌を送ってくださってあり がとうございます。

私は昭和30年卒です。1894年文学科卒の祖母をはじめ母も姉も皆同志社で学びました。
でも皆故人となりました。歳をとるにつれ、中学高校を過ごした学生時代がとても懐かしく思われます。
日本の友人たちとすぐおしゃべりができないのが残念です。
だから送って頂く会報は楽しんで読ませていただいています。
6年間過ごした平安寮の写真には思わず目頭が熱くなりました。でもひな祭りはしませんでしたが。
来年からの新島八重さんのドラマ楽しみです.TVJAPAN でみることができます。
お礼迄
.
金田節子 (旧姓田村)
サンディエゴ、カルフォルニア
.

My Favorite 京都は文化のテーマ・パーク!

2012.07.11

 月に一度、社寺巡りや伝統文化を学ぶ会を2007年から10名のグループで楽しんでいます。何と京都には金閣寺や清水寺を筆頭に17もの世界遺産があるのです。それらを中心に、庭園、美術館、町屋などを、京都検定のテキストを参考にして歩き、検定には一年目で合格しました。

 先月は、西加茂の古刹、正伝寺を訪れました。比叡山を借景にした庭園には、美しく刈り込まれたさつきが七五三調に配置されています。広縁に座って、ゆっくりとながめて、至福の時を過しました。でも、見上ると生々しい血天井が!伏見城の落城の時の床が移築されたもので、都の歴史がひしひしと感じられました。

 足をのばして、鷹峯には、円形と角形の窓で有名な源光庵があります。光悦垣や工芸品が見事な光悦寺も、おすすめです。

 お寺巡りだけでなく、たまには、瓢亭の朝がゆや柊家さんでのおもてなしの京懐石料理をいただいて、食文化体験も楽しんでいます。それが「楽人会」が続いている、秘訣かと思います。

佐藤 和子(S.42年 高校卒業)

  

新島八重墓前礼拝

2012.07.04

 2012年6月14日、新島八重没後80年を憶えての墓前礼拝での坂本清音同志社女子大学名誉教授の奨励を掲載しました。ぜひ、ご一読ください。

www.dojo-doso.org/event/yaebozen2012/

 ◆ちょっとお知らせ◆のコーナーにMy Favoriteのカテゴリーを作りました。ここには、会員のお気に入りなど、皆様に楽しんでいただけるような身辺の事などを載せていく予定です。皆様からの投稿もお待ちしています。

カレンダー

«7月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

フィード

ページの先頭へ