天空の大浴場 琵琶湖湖北まで展望できる温泉

2015年07月30日

今田康子(昭和39年高)

 

JR湖西線京都からわずか20分ほどの志賀駅と比良駅の中間地点にロイヤルリゾート琵琶湖グランデという14階建てのマンションがあります。

バブルが崩壊する真只中平成5年に建てられた高級?リゾートマンションです。

1階に15メートル程の室内プールがあり2階はカラオケルーム(アップライトのピアノ在り)食堂、卓球室, 玉突台などがあります。エントランスは3階までの吹き抜けで管理人さんの受付カウンターがあります。このマンションを縁あって所有し琵琶湖に面した8階の1室が私の癒しの場所となりました。

 2DKの小さな部屋ですがこれまでに沢山の友人たちが訪れました。晴れていれば湖北までが一望でき、近江舞子の松の緑、松の浦の水泳場を眼下にみて長浜まで広々と広がる琵琶湖の色は、日によって群青から青緑と色を変えます。春は海津大崎の12kmに及ぶ桜並木を見に此処で前泊して、朝早くに車で大崎へ向かいます。秋は比良山系が紅葉に色どりを変えます。周りの田んぼは春の緑から実りの黄金色にかわり、冬は雪景色と四季折々の景色を楽しんでいます。琵琶湖バレーにも近く、スキーもできます。マンションにはスキー乾燥室もあります。

しかしなんといっても一番の魅力は14階の大浴場です。まるで雲の上に浮かんで温泉に入っているかと錯覚を起こすほどです。平日なら朝7時~10時、16時~23時までいつでも好きなときに入浴できます。脱衣場にはマッサージチェアーがあり湯上がりでほぐれた身体をさらに15分間マッサージしてくれます。

 

私の部屋は食器調理器具IHのお鍋料理セットなど揃っていますので自炊も可能で、簡単なパーティが出来るようになっています。京都から和邇に寄って大型スーパーで食材を買い込んで友人を交えて何度も1泊パーティをしました。

食事は自炊の他管理人に頼んで「すき焼き」「鍋料理」などを予約することもできます。また比良山登山口に別荘郡があってその中にリタイア後の開業で素敵なランチを食べさせてくれるところがあります。志賀駅の161号線沿いには「喜多呂」さんという食事処があり、おいしいので常連になっています。

少し北へ行くとヨーロッパアンティークの家具を卸している「パンティオン」という大きな倉庫店舗があり時々覗いては格安で小物の家具を手に入れています。

 

夏は松の浦のプライベートビーチ(入場料100円)へ歩いてゆき比良の山並みを見ながら快い波に揺られて浮き輪に乗って浮かんでいると全ての煩わしい事を忘れてしまいます。このビーチは水が澄んでいて浜も整備されていてきれいです。バーベキューを楽しむことも出来ます。松の木陰にシートを引き本を読んだり昼寝をしたり・・

 

さて大浴場に入れる時間になったところで砂を払いシートを片付け浮き輪を持ってマンションへ帰り早速14階の大浴場に行きます。展望浴場から見ると比良駅からJRの列車が松林を縫って志賀駅に向かってくるのが見えます。

 

最も感動したのは夜の琵琶湖でした。夜8時頃だったでしょうか、ちょうど東側から月が昇って来ました。電気を消した大浴場から見ると月光が湖面を斜めに照らし湖面が銀色に光っています。時とともに月は高く昇り月影は形を変えて湖面を映し、天空へ行くほどに光は真上からとなります。余りの美しさに見とれて時間を忘れてしまいました。その後もう一度見たいと思うのですが月の出が夜であること、雲がなく晴れていること。その時間に琵琶湖のマンションへ行っている事の条件が揃うことが難しいのでなかなか月影のファンタジーに出会えません。

この私のお部屋を同窓会員の方もしくは会員のご紹介の方にお貸ししようと思います。ただしシーツはご持参いただければ嬉しいです。

ご利用になりたい方は同窓会のホームページの「会員リンク集」の「宿・下宿」の中の「ポルタリブレ」に連絡先が書かれていますのでご覧ください。

夜の琵琶湖の月光をぜひ体験してみてください。

ご使用になりたい方は、今田へご連絡ください。

003 オーディオとテレビ

コメント

コメントフォーム

(不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

 ◆ちょっとお知らせ◆のコーナーにMy Favoriteのカテゴリーを作りました。ここには、会員のお気に入りなど、皆様に楽しんでいただけるような身辺の事などを載せていく予定です。皆様からの投稿もお待ちしています。

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

フィード

ページの先頭へ